活動報告

腹膜播種治療ガイドラインの作成に向けて

日本腹膜播種研究会では、内科・外科・婦人科・基礎研究など各分野の専門家が集結し、臓器横断的な腹膜播種の治療ガイドライン作成を目指しています。委員が集合して対面会議を行うことが難しい状況ですが、Web会議やメーリングリストで活発な討議が行われています。

 

日本腹膜播種研究会が発足しました

2019年10月25日に福岡サンパレス国際会議場で理事会が開催され、日本腹膜播種研究会が発足しました。

同日に第1回日本腹膜播種研究会シンポジウムが開催され、腹膜播種治療の現状と問題点について活発に議論されました。