活動報告

「腹膜播種診療ガイドライン 2021年版」が発刊されました

「腹膜播種診療ガイドライン 2021年版」が発刊されました。

腹膜播種研究会では、臓器横断的な観点から腹膜播種患者の予後向上を目指し、本邦初となるガイドラインを策定しました。腹膜播種特有の手技(審査腹腔鏡、腹腔内温熱化学療法、CART)に対するCQ等、臨床で有用な推奨を明示しています。


腹膜播種診療ガイドライン 2021年版 金原出版株式会社 2021年8月30日発行
(クリックすると書籍詳細(外部リンク)が別ウインドウで表示されます)

 

ガイドライン策定委員会(*:部門委員長)

委員長  北山 丈二 自治医科大学 消化器一般移植外科
副委員長 島田 英昭 東邦大学 一般消化器外科

胃癌部門
藤原 義之*  鳥取大学 病態制御外科
會澤 雅樹  新潟がんセンター 消化器外科
石神 浩徳  東京大学 外来化学療法部
伊藤 誠二  愛知がんセンター 消化器外科
今野 元博  近畿大学 上部消化管外科
門脇 重憲  愛知がんセンター 薬物療法部
小林 大介  名古屋大学 消化器外科
高張 大亮  癌研有明病院 消化器内科 
辻 靖    斗南病院 腫瘍内科
蜂谷 修   山形大学 消化器外科
廣野 靖夫  福井大学 がん診療推進センター
深川 剛生  帝京大学 外科
伏田 幸夫  金沢大学附属病院 胃腸外科
宮谷 幸造  鳥取大学 病態制御外科

膵癌部門
里井 壯平*  関西医科大学 外科
伊佐山 浩通 順天堂大学 消化器内科
高原 楠昊  東京大学 消化器内科
辻 靖    斗南病院 腫瘍内科
藤井 努   富山大学 消化器・腫瘍・総合外科
宮戸 秀世  自治医科大学 消化器外科
山口 博紀  自治医科大学 臨床腫瘍科
山田 豪   名古屋大学 消化器外科

大腸癌・腹膜偽粘液腫部門
五井 孝憲*  福井大学 第一外科
石原 聡一郎 東京大学 腫瘍外科
植竹 宏之  国立病院機構災害医療センター 臨床研究部長
大澤 英之  自治医科大学 臨床腫瘍科
合田 良政  国立国際医療研究センター 外科
小島 康志  国立国際医療研究センター 消化器内科
志田 大   東京大学医科学研究所 フロンティア外科学分野
高島 淳生  国立がん研究センター中央病院 
髙橋 孝夫  岐阜大学 がん先端医療開発学講座
谷口 浩也  国立がん研究センター東病院 
問山 裕二  三重大学 消化管小児外科
中村 慶史  金沢大学 消化器・腫瘍・再生外科/胃腸外科
古畑 智久  聖マリアンナ医科大学東横病院 消化器病センター 消化器一般外科
堀田 洋介  埼玉医科大学国際医療センター 消化器内科
森川 充洋  福井大学 第一外科
室野 浩司  東京大学 腫瘍外科
矢野 秀朗  Southhampton University, 国立国際医療研究センター

卵巣癌部門
藤原 恵一*  埼玉医科大学国際医療センター 婦人科腫瘍科
織田 克利  東京大学 産婦人科
梶山 広明  名古屋大学 産婦人科
鍔本 浩志  兵庫医科大学 産婦人科
長尾 昌二  兵庫県立がんセンター 婦人科
長谷川幸清  埼玉医科大学国際医療センター 婦人科腫瘍科
藤原 寛行  自治医科大学 産婦人科

悪性腹水部門
松﨑 圭祐*  要町病院 腹水治療センター 
有留 邦明  済生会川内病院
江本 成伸  東京大学 腫瘍外科
梶山 広明  名古屋大学 産婦人科
北山 丈二  自治医科大学 消化器外科
高垣 伸匡  千春会病院
高橋 孝郎  埼玉医科大学国際医療センター
鍔本 浩志  兵庫医科大学 産婦人科
長尾 昌二  兵庫県立がんセンター 婦人科
渡邊 昭博  ちくし那珂川病院 

診療ガイドライン 評価委員
委員長 福島 亮治  帝京大学 外科
委員  今本 治彦  市立貝塚病院 院長
    鍛 利幸   岸和田市民病院 外科
    小寺 泰弘  名古屋大学 消化器外科
    小林 陽一  杏林大学 産科婦人科
    佐田 尚宏  自治医科大学 消化器外科
    須並 英二  杏林大学 外科
    濱口 哲弥  埼玉医科大学国際医療センター 消化器内科
    平嶋 泰之  静岡県立がんセンター 婦人科部長
    室 圭    愛知がんセンター 薬物療法部


2021年08月30日

腹膜播種治療ガイドラインの作成に向けて

日本腹膜播種研究会では、内科・外科・婦人科・基礎研究など各分野の専門家が集結し、臓器横断的な腹膜播種の治療ガイドライン作成を目指しています。委員が集合して対面会議を行うことが難しい状況ですが、Web会議やメーリングリストで活発な討議が行われています。

 

2020年08月28日

日本腹膜播種研究会が発足しました

2019年10月25日に福岡サンパレス国際会議場で理事会が開催され、日本腹膜播種研究会が発足しました。

同日に第1回日本腹膜播種研究会シンポジウムが開催され、腹膜播種治療の現状と問題点について活発に議論されました。

2019年10月25日